2018年12月23日

遺体確認の現実

私が「遺体確認」をしたことはありません。
しかし、遺体確認について激怒したことはあります。

数年前
「灯油買ってきた。今からこれをかぶって死のうと思う」
という電話が、父からありました。
私は電話に向かって、大声で怒りました。

私と父は飛行機で1時間以上の距離。
今すぐ止めに行くことは不可能です。
「どういうつもり?」
「明日の朝、警察から電話がかかってきて。飛行機代払って
焼けただれた父親の遺体確認にわざわざ来いってか?」

警察からの電話というだけでも不愉快なのに。
お金払って来いってか?
親とは言え、何の権利で私に苦労を背負わせる?
「具体的に起きることを考えろっ!!!!」

父は、現実を想像できない人間だったようです。
この私の父親なのに。だから
そんなミスを犯したから、私にひどく叱られて自殺を思いとどまりました。
私は「死」を止めたのではありません。
死ぬのはけっこう。あなたの自由。
だけど、そのあとに来る様々を想像できなかったことを怒ったのです。
親のくせに。

私は、津波で亡くなった人や災害で逃げ遅れて亡くなった人を
悼む気持ちはありますが、可哀そうには思いません。
ちゃんと逃げなかったから、家族に遺体確認をさせたと責めたいと思っています。
今後、一人でも逃げ遅れる人がいないために。

ちゃんと逃げていれば、死ななかった?
「いや、思ったよりも津波が高くて」
それは知っていますが、2万人近く死んだ災害でも、ちゃんと生きている人がいる。
同じ条件下にいても、生死を分けた何かがある。
死んだ人はなにがしかの判断を誤った。

すぐに遺体の見つかった人は、生前の表情に近く。
家族のダメージはまだ浅かったでしょう。
しかし、1週間後だった人は、腐敗して。真っ黒になって。肥大した顔を大切な家族に見せた。
1か月後だった人は、家族が抱きしめることもできない部分遺体になっていたはずです。

もちろん、大人の誤った判断で命を落とした子供たちも多くいます。
彼らに落ち度は全くありません。

しかし、問題は自分で判断する大人です。
後世に教訓だけでも残すために、死んだ意味を検証すべきです。

遺体確認は、残す人にさせてはいけないことです。
ラベル:親の自殺
posted by ぶろっこり at 09:34| Comment(0) | 想像劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

人の痛み

倖田來未の妹、misonoの旦那様が20代にして癌になり
それが若い男性にとっては、おそらく屈辱的であろう精巣がん。
しかも、胃に転移がある。

こんなことを売名行為としてmisonoがテレビに出ているという。

結婚して1年足らずの年下夫が、生殖器に癌。
それを売名行為にするほど、彼女が腐っていると言っているのでしょうか?

100歩譲って。そうだったとしても。
夫が癌になった人を責められる人間なんているはずがない。
なんて腐った世の中なのかと思います。

癌は身近な病気です。
最近は、不治の病でなくなっては来ていますが
発見が遅れれば死に直結する病です。
誰しも、親や兄弟や、叔父・叔母、祖父母など
血のつながった人に癌が全くいないわけではないでしょう。

身近な人が癌になった気持ち、まったくわからないのでしょうか。
青山でもめている施設もしかりですが。
人の痛みのわからない。想像力のない人が多すぎる。

だから、防災と向かい合えない人がこんなにいる。
青山で騒いでいる人も、misonoを責めている人も
北海道や東北で何人死んでいようとも「うちは関係ない」と笑っている人なんですね。
津波の映像を「迫力あるね」なんて
ケーキ食べながら見ていたんでしょう。セレブだから。
行方不明が何百人もいる中、引き取り手のない遺骨が何人分もある現実を
知る必要もないのでしょう。
自分が温かい部屋で、テレビを見ていたら。人の痛みなんてどーでもよい。
そして、暇つぶしにのぞいたTwitterでmisonoを中傷するつぶやきを見つけ
無責任にシェアするのです。

無責任なシェアは暴力です。
災害時も、たいへん邪魔です。
こんな人たちが目を覚ます方法、どこかにないものでしょうか?

ラベル:misono
posted by ぶろっこり at 23:39| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

聴覚障碍者の避難

聴覚障碍者の方の多くは、見た目には障碍者だとわかりません。
年相応に走って逃げることも可能です。

ただ、聞こえない。
サイレンも。緊急放送も聞こえない。
自宅にいるときは、電話が鳴ったらパトライトが点灯したり
何かが鳴っていることを知ることができます。
しかし、家以外ならば
視覚・嗅覚・触覚などが頼りになります。

私が客観的に見ていて、気になることがあります。
聴覚障碍者は、とにかく視覚からの情報を得ようとしてます。
ですから、執拗に掲示物を見たり。観察癖がついているように思います。
それは普段なら良いのかもしれませんが
例えば、ビル火災に遭ったと想像してください。
館内では火災を知らせる放送が流れていますが
聴覚障碍者は気づくのが遅れます。
匂いがしたら「火事だ」と気づきますが、それは結構手遅れです。
周囲の人は逃げ場を求めて走り始めているのに、聴覚障碍者は文字情報を
探したり、地図を見て避難路を確認して
「みんな、避難しようとしているのかな?」と思うまで
かなりの時間を要します。

逆に周囲からすると、健常者にしか見えない人がもたもたしている。

複数人いれば、手話をしているので聴覚障碍者だとわかるのですが
一人だと、まったくなんとヒントも周囲には与えられないのです。

ですから、過去記事にも書いたのですが
とにかく
私は障碍者です。聞こえません。
と、自分からアピールしてほしいのです。

異常を感じたら。
不安を感じることがあったら。
迷子になったら。
そんなとき、パッと出せるアイテムを用意してください。
聴覚障碍者の団体の中には、ハチマキやバンダナを販売しているところもあります。
ぜひぜひ、持ち歩いてください。

私がそのサインを見つけたら
絶対にお手伝いします。
posted by ぶろっこり at 17:58| Comment(0) | 障碍者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする