2019年01月17日

阪神淡路大震災から24年の朝

おはようございます。
防災を訴える者として、心かき乱される日々です。そんな今日
阪神淡路大震災から24回目の朝を迎えました。

今朝の朝8時のワイドショーは
横並びに稀勢の里の引退。長い長い相撲の特集。
あとは新潟のアイドルの話とか。いわゆる芸能ネタ。

阪神を最初に取り上げたのは『スッキリ』
昨日の歌会始の天皇陛下の歌を取り上げていました。
私はいわゆる皇室信仰のある世代ではないし、ことさらに天皇のいる国家にいるという
自覚も持って生きていない人間ですが
政治家のように利害とは関係ない
心で生きておられる方の、被災者を思う優しさには
本当に心打たれます。

一人の人間として、人生の大先輩の行動に心から敬服し
感謝したい。そんな気持ちになります。

東日本大震災の後、関東各地が計画停電で真っ暗だった時
皇居でも、電気を落としていたことを私は知っています。
そんな国民がほかにいたでしょうか。
エレベーターが動いていない。暗いと文句を言う人はたくさんいました。
私たち、東京に住む人間は東北の方の犠牲のもと明るい部屋で温かく
過ごさせていただいていること。
わかっている人はどれだけいるでしょうか。

辛い人に心を寄せられない。想像力のない人に防災なんてできないと思います。
テレビの編成たちは、視聴率という数字の天秤で今日のメニューを決めました。
メディアという義務・立場で。今日のこの日に
災害を伝えるという『こころ』はなかったのだと思います。そんな中

TBS『ビビット』では少し長めに陛下の歌について伝えるとともに
出演者の言葉がありました。
宝塚歌劇団で当時、兵庫県宝塚市に住み。地震を知っている真矢みきさん。
熱のある心のあるコメントをしておられました。
司会の国分太一さん。他局の番組で福島と深い縁を持ち
避難生活の末、亡くなった知人もおられます。目に涙をいっぱいためコメントしていました。
TBSさん、ありがとうございました。

私は関東在住なので、関西の今はよくわかりません。
もちろん関東と違って、関西ローカル各局はちゃんと伝えていたんだと思います。
信じています。
ただ、この温度差こそがいけなくて。
広島の災害、九州の災害、東北の災害、いや台湾の災害さえも
自らの傷みとして、ちゃんと考えていきたいと誓いを新たにしました。

posted by ぶろっこり at 09:59| Comment(0) | 被災者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

ブルーの屋根の年越し

ブルーの屋根。
つまりブルーシートの屋根ってことです。
今年の大阪は、全域にわたりこの風景が広がります。

もちろん、もっともっとほかの地域にもブルーの屋根はあります。
イコール被災した家ってことですね。

大阪は6月の地震と9月の台風で、大きなダメージを受けました。
ここまでなら、よくある話です。
ここからが、「the 2018」という話になります。

屋根を直すって一口に言いますが
素人には簡単ではない話です。
大きめの脚立がいりますし。一人で屋根の上のブルーシートを広げるのも
なかなか大変です。
そうするとプロに頼むということになりますが
誰がプロ?
誰が大きな脚立と元気な足腰を持っている人?

最近は大工さんという職業も減っています。
いても高齢化していて。若い建築業の人は会社に勤務するサラリーマンです。
昔は高所の困りごとは近所の大工さんに頼んだものでしたが
近所の大工は死んだ。
タウンページも薄くなり。
ネットスキルを持たない高齢者は、頼む相手が誰かもわかりません。

飛び込みでやってくる営業大工は、高額を請求してきます。
それでなくても全国で大工・とび職・建築業の人が不足して
迅速な依頼を消化するには費用の高騰しかなくなります。

※建築従事者の不測の原因として
 東北・熊本の地震復興工事。 昨年の九州をはじめとした豪雨の復興工事
 東京オリンピック関連施設。インバウンド対策のホテルの建築。
 未曾有な多忙なのです。


善意があっても高額。悪意があったらもっと高額。
もともとぼろ家に住んで
「生きている間は雨風しのげたらいいの。リフォームなんかしません」
こんな人に、この問題が直撃したわけです。

ここまでが一般論の「the 2018」
ここからが、このブログの読者に響く、防災意識にかかわる話。

6月の地震でブルーシートをつけた人にとっては、早くも半年。
8月の酷暑もへています。
なんとなんとここへきて、ブルーシートの傷みがでていて
張り替えの必要に迫られている。
6月に高額払って、順番待ちしてやっとこさ張ってもらった
ブルーシートの張り替え!?
もともと屋根の上に長期間置くことを想定して作っている商品ではありませんし
前回施工の当時は、ブルーシートも取り合いで粗悪品も多かったでしょう。

こんな状況に置かれている大阪府民。
さらに北海道民。などなどなど。
全国に今も困っている人はたくさんいます。
復興って定義は? 被災っていつからいつ?
阪神淡路大震災も年が明ければ24年。
いまだ終わっていない話がいくらでもあるのです。
それをブルーシートから垣間見ることができるのです。
ラベル:ブルーシート
posted by ぶろっこり at 12:30| Comment(0) | 被災者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

オール電化への提案

台風21号で高齢母がプチ被災したことで、改めて考えることがあります。

オール電化の恐怖です。
地震の被害と≒して停電があることを、もっと人は考えるべきです。
北海道の方は、胆振地震によって思い知ったと思います。
地震直接ではなくても、影響を受けて電気が止まることは多々あります。
単純に
エレベータが止まったら。中にいる人は閉じ込められるわけです。
6月の大阪の地震では、救出に10時間ほど要した例もあったようです。
朝の出勤・投稿時間の地震でした。
さぁ出かけようと思った人が夕方までエレベータの中です。
理由を考えてみてください。
同じ状況の人が大勢いると、エレベータ業者も忙しいのです。
エレベータメンテ会社の近くにいる人が優先されるのか。
多くの人が閉じ込められているマンモスビルが優先されるのか
それは運命ですよね。

さて、オール電化です。
お風呂も料理もすべて電気。
家の何もかもが電気で制御されているということは
停電した場合、何ができるのでしょう。
目覚まし時計は動いています。
携帯もバッテリーのある限りは動きます。
だからワンセグも見れます。
しかし、それらのバッテリーが尽きたら?

想像しているでしょうか?
私の知り合いの方、家をリフォームすることになって
オール電化の見積もり予定の日に地震が起きました。
2011年3月11日。
そうです。東日本大震災が起きて、オール電化はキャンセルです。

では、オール電化の人に何ができるか?
ガスはガスに戻す?
いいえ、電気自動車でカバーできます。

日〇NOTEだったかな?
フル充電で3日分の家庭の電気が賄えるそうな。
だからオール電化の方は、車の車種もよく考えて購入しましょう。
ラベル:停電
posted by ぶろっこり at 22:16| Comment(0) | 被災者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする