2018年09月25日

自治体の備えを信じる?

罹災の記事.JPG
これは9/22(土曜日)の産経新聞の記事です。
皆さんは、この記事を見て何を思いますか?

私は、ほーら自治体なんか信じたらだめだ。です。

北海道は定期的に大きな被害を生む地震が起きています。
ただ、ここ最近は死者はいなかったかもしれないです。
しかし、奥尻島で津波が起き、いまだ行方不明者がいる
北海道南西沖地震は1993年7月で200人を超す方が亡くなっています。
ほんの25年前です。
その2年後には阪神大震災が起き。
ご存知の通り、2011年には東日本大震災が起きています。
この二つの大地震から何も学んでいなかったのか?
関西の話。東北の話は文字通り対岸の火事だったのでしょうか。

ちなみに阪神淡路大震災では、やっつけで作った罹災証明で
統一したフォーマットがなく
自治体ごとに違う内容で
借り上げ仮設に入った人は、数年後に契約書の読み落としで
住処を追い出されるなんてトラブルも起きています。

今は、パソコン時代。
メールで一斉送信すれば、事足りる作業です。
全国の自治体が共通のマニュアルを持っていれば…
持ってないってことですよね。

自治体とはこんなもんです。
一方で、素晴らしい民間があることを肝に銘じてほしい。

東日本大震災では、東京ディズニーランドのお客様誘導が素晴らしかったと
語り継がれています。
常総の豪雨では、屋上駐車場を開放したスーパーユニーで多くの住民が避難し
車の水没を免れただけでなく、避難所として機能したそうです。
昨今起きている豪雪渋滞の現場では、パンの配送ドライバーが
「ここで賞味期限が切れるなら」と、パンを配りました。
阪神淡路大震災では、多くの通電火災が発生したもののガス由来の火災は怒らず
大阪ガスの尽力だと言われています。
もっともっとあるはずです。

イニシアティブをとる人がいる場所は、円滑に進みます。
自治体は選挙で選ばれた市長と、公務員が働くところ。
船頭が多すぎる船は、行く先を失います。

皆さんのまわりにイニシアティブが取れる人はいますか?
ラベル:新聞記事
posted by ぶろっこり at 22:55| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

災害時のLINE

皆さん、災害時のLINE。
通じると思っていますか?

今回の中国地方の豪雨に関して。通信状況がどうだったか
関東にはほぼ聞こえていません。
ただ、中国地方のすべての被災地をたしても
首都直下地震の被災者のほうが数が多いと思います。
その人たちが一斉に安否確認をしたら…
私はLINEもだめだと思っています。

電話ではなくインターネット回線ならばと思う人が
いるかもしれません。
でも、私には経験があるんです。

錦織圭くんが全米オープンでよいところまで進んだ時
私は実家にいて
WOWOWが見れないので
パソコンで公式ホームページからのネット中継を見ようとしてました。
試合前の球慣らしの間は普通に観れました。
でも、いざ試合が始まるとネットが固まりました。
世界中の人がアクセスしたからでしょうね。

だからネットであっても、集中すると見れなくなるわけです。

なので、皆さんLINEを信じすぎないで。
災害時の家族の連絡網は第2第3の方法も準備して。
家族がやっているブログのコメント欄にコメントを残すというのも一つの手です。
ヤフーのブログならば鍵付きコメントでブログ解説者にだけ
コメントやメッセージが送れます。

いざという時に混乱しないように。
平時から家族観で訓練しておきましょう。
posted by ぶろっこり at 22:05| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

酷暑も防災で。

大作商事 マイファンモバイル 首にかけるパーソナル扇風機 ホワイト 111.5×90×36.6mm MAGICOOL MM1WH
大作商事 マイファンモバイル 首にかけるパーソナル扇風機 ホワイト 111.5×90×36.6mm MAGICOOL MM1WH

この扇風機は、私の愛用品です。
以前、電車の中で扇子を使っていて左隣の人に
「やめてください!!!寒いです」と言われたことがあり
電車の車内などは、なかなかあおぎづらかったりするのですが。
この扇風機は首に掛けますので、胸の谷間あたりから顎に向かって涼しいです。

さて、酷暑。
今一度、皆様に繰り返す言葉。
「今までに経験したことがない」
そんな暑さが日本を襲っています。いや実は韓国でも
歴史を塗り替える暑さで熱中症で亡くなる人が多発しています。

皆さん、今まで見たニュースを顧みてください。
被災者の人はなんと言ってましたか?
「生まれて初めて」
「ここに40年住んでるけど経験ない」
どの被災地でも言っていました。

経験がなかったから、大丈夫だろうと思って逃げなかった。

それが数多くの死につながっていることを、考えてください。
だから、この暑さも。
扇風機で乗り切れると思った。では
死んでしまいます。
本当に人類が初めて経験することに、私たちは直面してしまっている。

地球温暖化のせい?
そんな大げさな話ではなくて。
昔とは建材が違う。工法が違う。
アスファルトに舗装されている。
だから蓄熱された高温が逃げない条件がそろっているのです。
土の道。木の家は打ち水で温度が落ちました。
しかし、延々と続くアスファルトは打ち水しても、まさに
焼け石に水。
温度を下げるにはシンガポールやマレーシアのような
スコールが必要です。
スコールがない今、抗うことなく
暑さを受け止めて。対策するよりほかないのです。

クーラーの電気代は命を守るためのお金です。
ケチっている場合ではありません。
ガンガンかけて電気代が1万円、2万円上がったとしても
葬式代よりは安いです。

クーラーをかけることも防災です。
posted by ぶろっこり at 17:53| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする