2019年01月10日

78歳の現実と向き合う

お正月の帰省で、母を観劇に連れて行きました。
正確に言うと、次回からは母が一人でも行けるように
「行き方マニュアル」を作って
母がそれを見て、私を連れていく形です。

実家から劇場まで私鉄と地下鉄からの地下鉄と乗り継いで1時間と少し。
誰が見てもわかるだろというマニュアルを作りました。
いつも乗っている私鉄をおりたら。から、始まって
見える風景の写真をのせ、進行方向の先にどんな色の電車が止まって
どっちの方向に乗るかも書きました。

都市圏にお住いの方ならば想像できると思うのですが
地下鉄というのは線で色分けされています。
東京だったら丸ノ内線が赤。
半蔵門線は紫。
銀座線は黄色。

名古屋も東山線は黄色。
名城線は紫など同じように色分けされていますよね。

関西も同じです。
だから地下鉄も、色の判別ができて。
文字が読めたら乗り換えも容易なはずです。

私は意地悪に「声に出して読んで」と言いながら
母の後ろについていきます。
しかし、なぜなのか母は全く違う方角に歩いていきます。
「上の看板見て!  いま、どこに向かってるの!?」
私はスパルタです。
なぜって。一人暮らしの母を甘やかせるわけにはいきません。
自分の力でなんでもしてもらわないと。

しかし78歳。
声に出して読んでも、正しく読めません。
そんなこと書いてないのに、都合よく読みます。

被災者になったら、自治体の人の指示も自分に都合よく聞くのでしょう。
避難指示といっても、「逃げたほうがいいかもね」ぐらいで。
いざ、やばくなったら迎えが来るだろう。
こんな感じなのでしょう。
それが逃げない現実の正体。

自治体の皆さん、議員さん、消防・警察の皆さん。
どうかわかってください。
年を取ると脳のキャパが小さくなって、耳が遠くなくても
聞こえないこと。見えないことだらけになるのです。
しかし、若いころの「わかっているつもり」というプライドはあります。

そんな人を普通の方法や論法で避難させられるかどうか
よく考えてください。
私の母はブルーレイも自分で見られるし、録画予約もできます。
できるほうの78歳です。
出来ない60歳もいます。今一度の対処法の改革をお願いいたします。
ラベル:高齢者
posted by ぶろっこり at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

新年のあいさつ

ちょっと遅めですが、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

書初めがわりに、ここに今年の目標を宣言しておきたいと思います。

①地域を動かす強固な防災モデルをつくる
②災害に役立つ地域FMの開設・提案
③全国巡回防災講座の活性化

なんてことを妄想します。
いろんな人にお声掛けはしていますが、私の近くにいる人の心はなかなか動きません。
それがわが国の現実で
あれほど全国各地で災害が起き、たくさんの人が命を落として
未曽有とか想定外の記録とかって耳にしているのに
いまだに自分のことではない。

そんな人のもとに災害が起きたら
またいつものように、自衛隊・警察・消防の手を煩わせ
自治体には不備を怒り
何も解決せず、また多くの命が失われる。

それをこの国は繰り返します。
尾畠さんすごい人ね。いい人ね。
思ったとしても、なぜ尾畠さんの活動に終わりがないのか
そこに思いは至りません。

だから私は頑張ります。
2019年も、お付き合いをお願いいたします。
ラベル:年始の挨拶
posted by ぶろっこり at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

2018年お世話になりました

本年途中からのブログでしたが
アクセスしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

行政の対応
それを信じている市民
災害なんてうちは大丈夫と思っている人。

そんな人たちのお尻を叩いて、これからもどんどん
悪い想像を人々に植え付けていきたいと思っています。

個人で防災を考えている方。
地域で会社で、防災を考えている方がおられましたら
どしどしコメント欄よりメッセージください。
私が許可しないと公開しないので、アドレス書いていただいても大丈夫です。

北は北海道南は沖縄まで、どこでも行きます。
韓国語・広東語
多少はできますので、在日外国人の方。
はたまた、交通費出していただけるなら香港でも行きます。

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。
ラベル:年末のお礼
posted by ぶろっこり at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする