2018年10月09日

他人の防災意識『電車で見る風景①』

防災意識とは、よく言いますが。
地震・台風・津波。
そういったたぐいだけのものだけではないと思っています。

そもそも防災
災いを防ぐと書きます。
災いって、痴漢も泥棒も交通事故も災いです。
ですから、すべての災いに対して防ぐ意識を防災だと
私は思っています。

電車で見る人々で
「防災意識低いなぁ」と思う人。
星の数ほどいます。
まず
かばんにいろいろ飾りをつけている人。
あれは本当に危ないです。
電車のドアに引っかかるかもしれないと。
リスクが高すぎます。
修学旅行生なんか、とんでもない大きいものをつけています。
あれを引っ張られたら簡単に拉致されます。

ブラブラは今すぐやめましょう。あと

電車内でFacebookやっている人。
もうちょっと隠しましょう。
あなたのフルネーム、私にまるわかりです。
その操作しているスマホ。
手帳型のケースにクレジットカードをいれている人。
番号、盗みますよ。
先日見て驚いたのは、朝の混雑する通勤電車で
ニトリの買い物していた人。
クレジットを左手に裏表見ながら入力していましたね。
情報、ダダ洩れですよ。

隣の人は、思っているよりも善人ではないかもしれないです。

ニューヨークでレイプされた人が、露出の多い服装ならば
自己責任と言われます。
それと同じ。
あなたの情報が洩れても、悪いのはあなたです。

こんな人は、地震来ても備えがないんだろうなと思います。

『電車で見る風景②』に続く。


posted by ぶろっこり at 22:51| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください