2018年09月25日

自治体の備えを信じる?

罹災の記事.JPG
これは9/22(土曜日)の産経新聞の記事です。
皆さんは、この記事を見て何を思いますか?

私は、ほーら自治体なんか信じたらだめだ。です。

北海道は定期的に大きな被害を生む地震が起きています。
ただ、ここ最近は死者はいなかったかもしれないです。
しかし、奥尻島で津波が起き、いまだ行方不明者がいる
北海道南西沖地震は1993年7月で200人を超す方が亡くなっています。
ほんの25年前です。
その2年後には阪神大震災が起き。
ご存知の通り、2011年には東日本大震災が起きています。
この二つの大地震から何も学んでいなかったのか?
関西の話。東北の話は文字通り対岸の火事だったのでしょうか。

ちなみに阪神淡路大震災では、やっつけで作った罹災証明で
統一したフォーマットがなく
自治体ごとに違う内容で
借り上げ仮設に入った人は、数年後に契約書の読み落としで
住処を追い出されるなんてトラブルも起きています。

今は、パソコン時代。
メールで一斉送信すれば、事足りる作業です。
全国の自治体が共通のマニュアルを持っていれば…
持ってないってことですよね。

自治体とはこんなもんです。
一方で、素晴らしい民間があることを肝に銘じてほしい。

東日本大震災では、東京ディズニーランドのお客様誘導が素晴らしかったと
語り継がれています。
常総の豪雨では、屋上駐車場を開放したスーパーユニーで多くの住民が避難し
車の水没を免れただけでなく、避難所として機能したそうです。
昨今起きている豪雪渋滞の現場では、パンの配送ドライバーが
「ここで賞味期限が切れるなら」と、パンを配りました。
阪神淡路大震災では、多くの通電火災が発生したもののガス由来の火災は怒らず
大阪ガスの尽力だと言われています。
もっともっとあるはずです。

イニシアティブをとる人がいる場所は、円滑に進みます。
自治体は選挙で選ばれた市長と、公務員が働くところ。
船頭が多すぎる船は、行く先を失います。

皆さんのまわりにイニシアティブが取れる人はいますか?
ラベル:新聞記事
posted by ぶろっこり at 22:55| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください