2018年07月06日

地下鉄サリン事件と阪神淡路大震災

「地下鉄サリン事件」自衛隊戦記―出動部隊指揮官の戦闘記録 (光人社NF文庫)
「地下鉄サリン事件」自衛隊戦記―出動部隊指揮官の戦闘記録 (光人社NF文庫)

本日、地下鉄サリン事件などの加害者の死刑が執行されました。
思えば
この事件が起きた1995年は激動の1年でした。

1月17日に阪神大震災が起き、2か月後の3月20日に起きたのが地下鉄サリン事件です。
この同じ時期に起きた二つの出来事が、報道にゆがみを生じさせた部分も
あるかもしれません。
当時、大阪に住んでいた私は東京での報道姿勢を詳しくは知りませんが
サリンを境に、阪神淡路の報道はすっかりやんだと伝え聞いています。
もちろん、関西でもサリン事件は大きく報道されましたが
地下鉄千代田線とか霞ヶ関駅と言われても、実感がわく人はわずか。
それよりも伝えなくてはならない避難所の様子。被災者の支援。
そんなことが関西では山積みでした。

関東では逆の立場だったのでしょう。
神戸市長田区とか兵庫区と聞いても、どのあたりかよくわかりません。
センセーショナルな、焼けただれた商店街の映像も
見飽きていた頃なのかもしれません。
いい具合に飛び込んできたサリンのニュースに
一瞬で切り替わりました。
だから、震災から時を経て起こってくる被災者の苦悩や日常。
関東の人は知らずに来ました。

同じことが、他の災害や事件でも言えるのです。
東日本大震災でも現地では、何か月も何か月も現状が伝えられ
テレビの画面は、情報を伝える青い帯が常に映し出され
ドラマもバラエティも小さな画面で見ていたそうです。

今も、関西のテレビはどこの局も豪雨の様子を伝える青い帯が出ていて
大阪に住む私の母は「気が滅入る」と言っています。
もう何日もそんな状況が続いていたそうですが、私は昨日まで知りませんでした。
関西での大雨。関東では扱いが小さかったですね。
それよりも西野ジャパンの帰国のほうが、関東では重要だったのでしょう。

これらのことから、私は報道を鵜呑みにはしません。
TBSが、
放送前の素材をオウム信者に見せたから起こってしまった坂本弁護士殺害事件。
毛皮を着たリポーターが阪神淡路大震災を伝えた国営放送。
やったことを私は忘れてはいません。

知ること。
忘れないこと。
想像すること。
それは防災だけでなく、人として生きる上でも大切だと私は思っています。
posted by ぶろっこり at 13:15| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください