2018年06月30日

罹災証明の効力

罹災証明が、どのように発行されるかご理解頂けましたか?
わからない方は、昨日の記事をご覧ください。

では次の段階。
実際、罹災証明ってどんな効力があるのでしょうか?
まず、税金の優遇があります。
様々なローンを組む時に金利の減免や優遇があったりします。

『公』にお金を払う機会では、一応「罹災証明あるんですが」と言ってみる価値はあります。
公立高校の学費の減免や、支払いを待ってくれたりする場合があります。
市内巡回バスなど、『公』運営のバス定期などは優遇があるかもしれません。

不動産の購入や賃貸契約でも役立つ場合があります。
民間であっても、
発信力のある社長・会長・CEOのいる会社は大いに希望があります。
その人のTwitterやブログに
「携帯電話料金半年無料にする」なんて書いてある場合もあります。

子供の教育に関するものも、優遇されることが多いです。
購入したいものがあるときは、販売先のホームページなどを見るべきです。

我が家の場合は、当時の住宅都市整備公団(のちのUR)の団地において
無抽選での入居。
敷金・申込金免除。一定期間家賃無料。その後もしばらく減免。
たいへん助かりました。
地震から半年たっていたので
「まだ罹災証明つかえるんだな」と思ったことを覚えています。

意外なところで、意外な効力を発揮する場合もあります。
罹災証明がある人は、証明のコピーと実家の写真を常に準備しておくことをお勧めします。
さらに言えば
罹災証明は家に対して出るものですから、世帯主の名前で書かれていると思います。
その人との関係が証明できないと「私も被災した」とは言えません。
ですから、災害当時の家族全員の住民票など同居の事実を証明できるものを用意することも重要です。
被災によって、他の市町村に出てしまった後、その証明を出すのは大変です。
除籍票になってしまうので、転籍・転出前に出しておく。それを大量にコピーして家族でもっておく
ことが大切です。

これらのこと、役所では教えてくれません。
後になって
「あの時に言ってくれれば良かったのに」はありません。
また、決して役所を責めないでほしいとも思います。
役所の職員も被災しているはずです。一人一人に細かく時間をかけて
相談に乗っている余裕のないのも災害時です。
あらかじめ、平時から一般市民自ら知識を持っておくことが大切です。
posted by ぶろっこり at 00:00| Comment(0) | 被災者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください