2018年10月05日

緊急地震速報

先日、眠りにつこうかという時間。
耳元でけたたましくスマホのアラームが鳴りました。
携帯を目覚まし代わりにしているので、耳の真横ですごい音です。
朝なのか、なんなのか意識がはっきりしていなくて
戸惑いました。

画面は千葉で大きな地震が起こることを知らせてくれています。
この手のアラームは10か月ぶり。
直後に揺れが来ると信じて、メタルラックの足を握りました。
しかし、揺れはなく。
数分後、テレビでは千葉・茨城の小さな範囲で揺れを観測したようで
誤報ではありませんでしたが
平たく言うと
「お騒がせしました」という感じです。

これを怒っている人がたくさんいて。
Twitterなんかは大盛り上がりでした。
何を怒っているのか。揺れがなかったことを怒っているのか。
揺れていたとしたら、あらかじめ身を守る動作をしていたのか。
避難行動をしない人にとっては、知らせる必要のないお知らせのような
気もしますが。

さきほど、心に引っかかるTwitterを見ました。
先日のアラームを誤報だと怒らないで。と。
おそらく、東日本大震災の時に肉親を亡くされた方です。
もし、地震を。津波の襲来をあらかじめ知っていたら
家族を避難させたのに。と、とても悔んでいるようでした。

かみつく人が多いから、お知らせに尻込みする。
避難勧告や予報が出しづらくなる。
逃げもしないくせに「なぜ知らせなかった」と怒る人がいる。
この国の嫌なところです。
他力本願が多いのかな。自主性に欠けるのかな。

今でこそ減りましたが
ヴィトンのバックをみんなが持っている時代がありました。
私は、自分と同じカバンの人がいたら嫌なタイプですが
安心する人種もいるんですよね。
「みんながやってるから」的な。
皆が逃げないから大丈夫。
そんな人がアラームにかみついているんでしょうか。

自主性という防災意識があればアラームもなくてよいと思うのですが
せっかく鳴らしているものにかみつく人がいる。
誰も嚙付かない世の中になればよいと思っています。
ラベル:緊急地震速報
posted by ぶろっこり at 19:06| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする