2018年09月30日

台風24号来襲前日の78歳ドキュメント

78歳の母は、とにかく停電を恐れていました。
IPホンのため、停電で死んでしまった固定電話。
文字通り、命綱の携帯のバッテリーがギリギリ。
情報がたたれてしまう恐怖が大きかったのかもしれません。

私としては、停電直後からモバイルバッテリーの購入が頭をよぎりました。
ただ、78歳の母が、電気屋で自分の必要とするものを買えるのか
それが不安で言わずにおきました。

私が言いたかったのは
充電の必要がなく、乾電池から携帯につなげるタイプの
モバイルバッテリーです。
とはいえ、無事に購入しても。どう接続するか。
老眼鏡をかけて、様々な形の違う穴を判別して接続できるのか。
電話で説明するのは本当に難しいです。

そして、台風来襲前日の昨日。
私は母にショートメールをうち、それを電気屋で見せるように言いました。
「このガラケーにつなぐモバイルバッテリーがほしい。電源は乾電池のタイプ」
実際に、母は店員さんに見せたようです。
購入したと言って、送ってきたのがこれです。
でんち.jpg
母なりのせいいっぱいなんですけど。
電池は万国共通。こんなの主役で撮るなって話です。後ろのやつが知りたいけどボケボケ。
まぁ78歳としては、携帯で写真が送れるだけでもたいしたもんな方ですが。
私は情報収集しながら、母の携帯がどんなだったか必死で思い出し
買ったものは何かを調べます。
私がたどりついた結論は
母のガラケーは多分京セラのK004で、充電口はUSBでも、マイクロUSBでもない
携帯キャリア独自の形。だからUSBのモバイルバッテリーをつなぐためのアダプターのみを
買ったようです。欲しかったモバイルバッテリーはどんなタイプもなくなっていて
電気屋さんの優しさで、先にこれのみ購入することを勧められたようです。
しかし、これではなんの充電もできません。
母はあまりわかっていないのですが。別の店に行ってみると経過報告の電話がありました。
ホームセンター1つ目ナシ。コンビニ2つ目ナシ。遠い遠いホームセンターナシ。
その2つ目のホームセンターで母がさまよっていると親切な、エンジニアを名乗る男性が
近寄ってきて。母にラジオを勧めてくれたそうです。
店員でもなく。親切にいろいろ教えてくれました。
母は残り少ない在庫を「買わないと!」という気持ちと。親切に応えたい思いで
ラジオとしてはなかなか割高なやつを購入。家に帰ってから、私に報告がありました。
モバイルバッテリー買いに行ってラジオって!!!!  そして
報告を受けた私は開口一番
「ラジオもってるやん」
母は持っていないと言います。
母は寝る前、演歌のCDを聞きます。そのCDラジカセがあるはず。
「あれはCDだけ」という母。
電池の入り口があるから、全体をよく見るように言います。
みつかりません。

夜になって、近所の人に確認してもらったら。やはり底に電池の入り口があって
母は間違いなく電池で動くCDラジカセを持っていました。
昼に買ったラジオはかんぜんに無駄です。しかも3000円も出して。
防災機能はついていないという。
さらにいうと、母のCDラジカセは単1を10個必要なタイプ。
家には単1が8個あるという。あと2個買うというが今度は
マンガン電池とアルカリ電池の説明。伝わらないので新規に10個買うように言いました。

母の戦いは今も続いています。
ラベル:78歳の戦い
posted by ぶろっこり at 11:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

台風24号を前にした関西の様子

我が実家の母は大騒ぎです。
明日9月30日の台風接近予報を前に、台風21号の打撃を受けた場所は
ちょっとしたパニックです。
今日になって、スーパーの買い出しに行くがスーパーはからっぽ。
ホームセンターにブルーシートも
電池も
モバイルバッテリーも何もない。
そんな状況のようです。

喉元過ぎればと言いますが
熱さを忘れる前に、次の災害が来ました。
これが、この人たちにとって良かったのか悪かったのか。
関西空港は、土嚢をなるべく高く積むという原始的な備えにつとめ
やばくなった時は空港閉鎖すると決め
鉄道も早々のストップ予告をしています。

直後の北海道地震で、すぐに忘れ去られ
被害の現状を知られることもなく収束したかに思われた近畿の被害地。
TwitterやFacebookで状況を発信する議員に
「自衛隊よべ」と毒づいている人もいました。
近畿のダメージはほぼ停電で。
それは電柱が倒れたことに起因していて。
これは果たして自衛隊の仕事だろうかと私は思っていました。
ダメージを受けていない私が、ダメージを受けている人に言う言葉ではありませんが
たかだか台風。予測できるから事前のパニックですんでいて。
台風21号では、事前にわかっていても動いていなかった人がほとんどで
地震は予告も何もなしでやってくる、北海道とは違う。
今まで、東日本大震災を見て。痛みがどれほどわかっていたのか。
大阪北部地震にしても亡くなった方は4人。
大阪南部は揺れもあまり知らず。
同じ大阪であって、痛みや恐怖を共有していたら
今回の台風で、ラジオも発電機も非常食も買いに走ることがなかったのではないか。

23年前、阪神淡路大震災で燃え盛る神戸の街の映像を
私の横で見ていた和歌山在住のいとこは
「よう燃えてるなぁ~全部燃えたらえぇのにな~」と笑っていました。
神戸はどうでも、この人にとっては何ともないことだったのでしょう。
こんな人とはこの日以来縁切りです。
同じ種類の血が流れていることを恥じたい気分でした。

しかし、お盆に帰省した時も80前の母に
ラジオの大切さや、モバイルバッテリーのことを説かずにいて
台風21号の後に実家に行かなかったことを、私は激しく後悔しています。
今はとにかく、台風24号が小さくすむこと。
そして、その次の台風に備えて。非常食を届けようと思っています。
猛省…。
posted by ぶろっこり at 17:17| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

私なりのボランティア

災害ボランティア入門 (合同ブックレット)
災害ボランティア入門 (合同ブックレット)
私は基本的にボランティアという言葉は嫌いです。
気持ちがあって動くことに、名前がついていることが
そもそも気に食わないというあまのじゃくです。
予算はないにしても。対価は何らかの形で支払うべきと思ってます。
まぁ、しょっちゅうある災害のボランティアに関しては、そんなこと言ってられない
とはわかっていますが…。

東京オリンピックに関しては、絶対やってやるもんかと思ってます。
あれは名誉職というか、参加した感なんでしょうね。
ただ、ちょっと条件がひどすぎます。あれは。

なので、ボランティアをしない私が何をしているか。
ここんとこ一番やっているのは、福島産のものを食べること。
キュウリや桃。
美味しくいただいています。
子育てをしている方は致し方ないと思いますが、
私はいっさいセシウムが気になりません。

某スーパーで、お客様のご要望に応えて「西日本の野菜を入荷しました」って
あったのですが。
福島由来のセシウムが赤道付近で検出されていることをご存知でしょうか?
赤道まで飛ぶセシウム。
西日本がどれだけ違うのだろうと思います。
あと、日本では報道されていませんが
韓国の農産物も世界各国で敬遠されています。

なので、私は何を気にしているかという考えです。

繰り返し言います。
子育てしている方は、致し方ありませんが。
何十年か後に影響があるかもしれない放射能より
農薬バンバンの中国産のほうが、間違いなく数年先に影響が出ます。
広島で被爆した方でも70歳、80歳まで元気な方はいくらでもいます。
だから、別に今から20年生きるつもりがない私は平気です。
どうか、ある一定の年齢を過ぎた方は福島産をいっぱい食べましょう。
福島産は充分以上に検査されています。こんな安全なものはないです。
私はNO検査でもOKです。牛乳も飲みたいです。
捨ててるやつ。ほしいです。もったいない。
牛さんに申し訳ないです。

もちろん、熊本のものもいっぱい買うし。
広島のものもいっぱい買ってます。

皆さんも、被災地のもの買いましょうね。

posted by ぶろっこり at 23:03| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする