2018年07月02日

原爆と防災

さくら隊散る [レンタル落ち]
さくら隊散る [レンタル落ち]
冒頭の広告は映画『さくら隊散る』の紹介です。
この作品は新藤兼人監督作品で、実際にあった話の映画化です。

太平洋戦争のころ。娯楽に飢えた人々のために劇団やお笑いの慰問が各地で行われていました。
その一つがさくら隊で。
田村正和さんの父・坂東妻三郎主演の『無法松の一生』で主演した女優・園井恵子さんなども
所属していました。

彼らはたまたま、1945年8月6日のその日に広島の地に滞在しており
劇団員が全滅するという目にあいました。
家屋とともに燃え尽きて、遺骨さえ残さなかった劇団員もいましたが
大きな『生きた証』を残した中川みどりという女優もいました。
東京・本郷出身の彼女は「なんとしても生きよう」と、焼けた体にシーツを巻き付け
復旧第一号の列車に飛び乗ると、東京に帰ることができました。
そして、東京大学に行き特殊爆弾の被害者として診察を受け
直後に亡くなるのですが、解剖された彼女の検体は
原爆症第1号患者の臓器として、今も東京大学に保管されています。

そんな作品を、劇団員の知人のインタビューや再現映像とともに振り返る作品です。
…と、私は自分の記憶をもとにサラサラッとこの文を書いたわけなんですが。

今の子供たちは原爆の落ちた日を知らないと言います。なぜなら
学校で教えないというのです。
受験のために作られたカリキュラムは、必要ないものはどんどん削除する。
いつの日からか、広島長崎の原爆の日も。終戦記念日も。
知っている世代はずいぶん上になっています。

また、小学生の親もボチボチ平成生まれも登場。
祖父母に戦争体験を聞こうとも、祖父母さえ戦後かなりの世代。
身内で戦争に行った人をたどれば、会ったこともない「曾祖父」ぐらいまでさかのぼります。
戦争も平和も実感のない話です。

では、防災教育はというと。
阪神淡路大震災から今年で23年。神戸市民で地震を経験した人は50%に満たないと言います。
当時、70歳以上だった人は90歳を過ぎ、亡くなった人も多いでしょう。
0歳だった人も大学生以上。
震災を語れる人となると30歳以上です。ですから
23年前の記憶を語れる人も市民の半数。
たった23年で伝えていくことが難しくなっているというのです。
ですから、小学生にとっては
阪神淡路大震災も、原爆も、豊臣秀吉も全部同じ。
遥か昔の人の話。自分に置き換えることは難しいのです。

東日本大震災も、チリ地震の津波を経験した人が減っていたから
「津波てんでんこ」と精神が今に伝わっていなかった。
災害を経験した地でもこんなふうです。
経験していない地だったら、命の大切さを実感するのがどんなに難しいか。

実感している人間から語り掛けていくしか…ないんでしょうね。

posted by ぶろっこり at 15:44| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする