2019年07月22日

選挙も。吉本も。防災も根っこは同じです。

参議院選挙が終わり、国民が政治に対して審判した日だというのに
テレビでは吉本宮迫問題です。

吉本に関して言うと
闇営業問題⇒宮迫の嘘⇒会社の体質と論点が二転三転し
世論も宮迫悪いから可哀そうになったり。
なんか、世の中乾いてますね。って思っています。
こんなニュースを見るにつけ思うのは「みーんな同じ」って感覚です。

私は他の人よりも吉本の内情にちょっと詳しい。
テレビでは映らないことも透けて見えています。
ちょっと吉本に特化してお話しますと。
元々は吉本せいという興行師の人から話は始まります。
朝ドラにもなったから、少しわかる方もいると思います。
昔、昔。ひとつの興行をうつというのは地元の裏社会と密接になったりもします。
今だって、お祭りの背後に裏社会が暗躍するケース。
無いとは言えません。
お金の動くところ、裏社会は顔を出します。
そして、裏社会にとって大切なのは体面とかステイタスということ。
だから、飲みの場に有名人を呼んで「俺にはこんな知り合いがいる」と自慢するDNAがある。
相撲の力士だって昔は男芸者と呼ばれ、あっちの座敷こっちの座敷と回ったものだそうです。
だから、今でも芸能人と写真は大好き。ことに演歌の世界に至っては
CDをまとめて100枚ほど買って、スナックにゲストとして呼べば店にはくが付く。
歌手にとってはありがたい仕事。スナックの経営者がどんな人かなんて駆け付け歌手は目をつむります。
こんな「興行」の酸いも甘いも知っていたのが吉本創業家でした。
そして、戦争で焼かれた町に笑いを欲する人と
その思いに応えたい。笑いへの情熱があった。昔は。

それが、内紛によって体制が変わったのがダウンタウンブームのころ。
結果、形としてダウンタウンに近い人が会社経営をすることになりました。
しかも、その人は役員でもない芸人に呼び捨てにされる社長で、焼け跡の時代を知らない。
創業家を知る古い人たちは、会社の魂を知っています。
現体制は、魂を持たない2代目3代目社長で体制が揺らいでいる。
そんな感じでしょうか。

かつて、
主婦の店という小さなスーパーを作った中内功という人は、ナショナルという巨大家電メーカーと
喧嘩しながらも、安いものを消費者に届けるという魂を持っていました。
それがダイエーという巨大スーパーチェーンになりました。
愛する子供のような店が、阪神淡路大震災で何店舗も被災した時
関西空港から高速船に乗って、いち早く自分の店に駆け付けました。
でも、父が作ったスーパーへの想いや魂が引き継がれることはなかったのでしょうか。
息子の時代へ経て
いまこの国にダイエーの看板はほとんどなく、イオンにとって代わっています。

では政治は?
古くは坂本龍馬や西郷隆盛のような、国を憂い「俺が国を変える」という魂を持った人が
新しい政治を作り出しました。
そして、頑張れば頑張るほど国は良くなり
戦後すぐの時代。参政権がなかった女性に初めて選挙権が与えられた時
多くの女性が投票に足を運びました。
国民全員にあった魂が、受け継がれなくなった形が「選挙行かない」ということなんでしょう。
そして、今の政治家は?というと「国をよくしたい」という人は何人いるでしょう?
この就職難の時代。先生と呼ばれ月に何百万ももらえる就職先。
ちょっと2週間ほど腰を低くして、知らない人と握手してバッチがもらえるとあとは温室。
都合が悪くなると「体調不良」それでも給料は支払われる。こんなおいしい仕事、ほかにありません。
全員を言っているのではないです。あくまでも魂の宿らない人の話です。

防災も同じです。
魂の宿っている人がたくさんいれば地域の命は守られますが、
政治に就職された方や役場で給与を受け取られる人しかいない地域は
誰も守ってはくれないという結論です。

私の住む地域に特化とていうと、私に防災魂はありますが近隣はないようです。
想いを一つにしないと防災の壁は作れません。だから、地域で魂を確認すること。
それがとても大切です。
政治屋さんを信じられないところはなおのことです。
ラベル:報道
posted by ぶろっこり at 16:45| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

決めた! 防災漫談マスター養成。

みなさん、Eテレでやっている『芸人先生』って番組
知ってますか?
さっき、この番組を見ていてひらめきました。
友近先生がサマンサタバサの社員に、部下操縦術とか。発想のヒントを話す
そんな内容だったんですが。
なんでも防災の私は、それを置き換えてみていました。

そうだ。防災漫談マスターを養成しよう。

防災を伝えるとき、その人に興味を持たせる。
相手が「我が事」として考えさせる。というテーマがあります。
そのテーマを持たない防災講座は、わたしに言わせれば
実例の発表。
過去災害の発表。に過ぎず
それを聞いても人の心は動きません。

子供に、勉強しなさい。
勉強しないと、こんな人になるよ。
勉強しないでこんなになった人がいるよ。

上滑りします。

いま英語の単語を一つ覚えると、もしもアメリカに行ったとき
空腹で困っても伝えられるかもよ。
過去の歴史を聞くだけはつまらないけど、奈良時代に
中国や朝鮮からいっぱい船に乗ってやってきて
その痕跡が掘ったら出るって面白くない?
この例題が、相手の興味のあるなにかであったら食いつきは
だんぜんよくなります。

だから、子育て世代には「あなたのお子さんが」という主語を。
リタイヤ世代には「あなたのお孫さんが」なんて主語をつけると反応が違います。
人は、わが身にかかわる話でないと興味を持たないのです。

と、いうようなことを何故わたしは知っているか。
そうだ。よく考えたら、私は作家でした。
漫才も書いてたっけ。
じゃあ、私は面白く防災が伝えられる台本が書けるわけだ。
自分で忘れていました。

じゃあ、私の台本を演じられる漫談家をいっぱい養成すれば
楽しい防災講座がいっぱいできます。
なんでこんなこと思いつかなかったのか。

私の話は例えが多くてリアルと、よく言っていただきます。
自分に重なる例えがあれば、リアリティを感じるわけですね。
関東の人に阪神淡路大震災の話をしてもどこか上の空。
神戸であったことを首都圏に置き換えると聞いてくれます。
置き換えには、もちろん土地勘や防災知識が不可欠です。

なんか、テーマが絞れました。この方角でぶろっこり講座進めていきたいと思います。
ラベル:防災講座
posted by ぶろっこり at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

名古屋ありがとう

ちょっと前に見た特集番組がありました。
全く何も知らなかった自分が申し訳なかったです。

みなさんは東日本大震災の復興に「名古屋市」が大きく尽力したことを
知っていますか?
私は全然知らなかったんです。
そういえば、去年
名古屋の防災センターに行ったときに。
そこって名古屋市の港区役所と隣接なんですが。
センターからちょっと歩きすぎると区役所の建物に入ってます。
その区役所との境目の壁にやたらと陸前高田の写真が貼ってました。

なんとですね。
名古屋市は、陸前高田に多くの職員を派遣し
人材の薄くなった各部署で大活躍しました。
被災地に役場が人材を派遣するのはよくあることです…が。
名古屋がすごいのは年の単位で、各種プロジェクトの芯となって働く人材を
送り込んだことです。

派遣される本人にとっても、出張では済まされない長期間です。
家庭環境の変化も家族の問題も生じます。
名古屋市の人材は減るし、経費も掛かります。
しかし、名古屋はすごーくたくさんの人材を送り込みました。
陸前高田にとっても、関係ができたところで去ってしまう出張派遣と違い
心を通わせて、地域を知り意見を出し。ともに町を再建した。
そんな名古屋の人に大きく感謝しています。

すわ、名古屋に何の利益があるのか?
そんな裏読みをしそうですが。
派遣された職員の経験は名古屋の今後の防災に大きく役立ちます。
名古屋は未来のために大きな投資をしたのです。

とてもとても素晴らしい功績です。
名古屋はたいした自慢もしないで、文字通り「人知れず」な感じで
頑張ったようです。
私は、つくづくこんな名古屋にお金を落としたいと思いました。
みなさんも、陸前高田と名古屋の縁。
ちょっと検索してみてください。感動します。
ラベル:公務員
posted by ぶろっこり at 22:58| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする